韓国LCCがある航空会社一覧

ぜひ利用してみたい韓国LCCについて

格安で空の旅が楽しめるLCCは、日本だけではなく多くの国々で人気を集めています。お隣の国韓国では、日本よりも小さな国でありながら多くのLCCがあることでもよく知られています。韓国LCCの中には、日本の主要都市である東京や大阪とソウルをつないでいるのと地方都市の便も運航されることもあります。金額なども異なるので、これらの韓国LCCを上手に利用して、ぜひ韓国へ旅行してみることをおすすめします。

韓国LCCのイースター航空

格安航空会社でありながら、安全にも十分な配慮がされているため安心して利用することができます。イースター航空で採用されているパイロットたちの平均年齢は約40代で、平均飛行時間は6、000時間にも上ります。成田や関西とインチョンをつないでいる定期便があるため、ぜひ利用してみてください。オフィシャルウェブサイトから、チケットを気軽に購入することができます。福岡路線も運行が予定されています。

ティーウェイ航空について

ティーウェイ航空は韓国で誕生しました。名前に付いているティーは、tomorrowやtogetherに由来しています。高い顧客満足度を獲得している格安航空会社で、一度利用すればまた次回も利用したくなるに違いありません。機内食は無料で提供されているという点もお得感があり、魅力的です。日本と韓国をつないでいるだけではなく、関西とグアムの定期便もあるため、ぜひ利用してみることをおすすめします。

チェジュ航空について

韓国で最初に誕生した格安航空会社です。白とオレンジのコントラストカラーが印象的な機体で、様々なイベントフライトが取り入れられています。空の旅が楽しくなるだけではなく、ミネラルウォーターの無料サービスも実施されています。格安航空会社によっては、預ける荷物は有料になるところもあります。しかしチェジュ航空なら15キログラムまで無料で預けられるため、お得感があります。機内へも10キログラムまで無料で持ち込めます。

LCCのジンエアーについて

ジンエアーは2008年に誕生した、大韓航空系列の格安航空会社です。白とライムカラーのコントラストが美しい機体で、スタッフのユニフォームにも同じライムカラーが採用されています。軽食やドリンク類が無料で提供されており、LCC他社よりもお得感があります。札幌や福岡、長崎や沖縄といった日本の地方都市とソウルを結ぶ定期便が運航されています。また手荷物は15キログラムまで無料で預けることができて、さらにお得です。