韓国LCCの利用の仕方

韓国LCCの航空券を予約する

韓国LCCの予約は、会社の公式サイトから可能です。一般的な航空券の予約と同様に往復か片道を選択、出発地、到着地、出発日、到着日、大人と子どもの人数などを入力し空席を検索できます。日本を出発地とする場合、成田空港か、関西国際空港、沖縄空港、福岡空港のいずれかになります。到着地は、ほとんどの場合、仁川国際空港になります。関西国際空港から出発する場合のみ、到着地を釜山にすることもできます。このように出発地や到着地が限られてきますが、この条件をクリアできればLCCは便利な交通手段となります。

割引運賃、通常運賃を賢く使い分ける

出張など仕事ではっきりと旅程が決まっていて、ほぼ変更はなく、かつ早めに予約できる場合は、割引運賃がかなりお得です。通常運賃の半額以下で利用できます。ただ、割引運賃には条件があります。重複割引や搭乗者の変更はできないことになっています。ただ、手数料はかかるものの、払い戻しは可能です。さらに時間に余裕がある場合は、同日に出発する便でも時間帯によって金額が異なりますので、よく調べてから予約するとよりリーズナブルに利用できます。

最低価格で予約ができる

韓国LCCの航空料金を底値で利用したい場合は、その中でも、最低価格での予約と購入を案内していることがありますので、公式サイトをよく調べることです。利用したい日程が底値の日程であれば、本当に賢く利用できることになります。また、時々各社キャンペーンでも割り引きよりお得に利用できる価格設定になっていることがあるため、出張や旅行の予定がある人は公式サイトのチェックを頻繁にやっておくことをおすすめします。

コードシェアに注意する

韓国LCCに限らず、LCCではよく他の航空会社との共同運航、つまりコードシェアが行われます。これは、定期航空便を複数の航空会社で利用することです。定期便で空席が多いと見込まれる場合は、空席を他の航空会社に販売し、運航する航空会社はコストが回収でき、購入した航空会社は航空機や乗員の都合をつけることなくユーザーに交通サービスを提供できるという航空会社同士にメリットのある運航方法です。このコードシェアの注意点は、チェックインなどの手続きは運航する会社が行うため、購入した航空会社とは異なるという点です。

リスクを十分に理解してメリットを享受する

LCCを利用するポイントは、コードシェアをはじめ、航空券の購入から航空機の利用に際しての大手航空会社とは異なるLCC独自の方法をしっかり理解し、リスクを承知した上で、リーズナブルな価格としてメリットを享受することです。機内食などのサービスもない点は価格に反映されています。そのポイントさえ押さえておけば、格安な海外LCC航空券ほど便利で安い交通手段はない、ということです。