韓国LCCを使った際の渡航時間

韓国旅行に行く際にまず就航しているLCC情報

韓国に旅行に行く際にどの航空会社を選択するか迷うところです。ましてや航空会社のチケットを安く抑えて、韓国観光にお金を費やしたいと計画をしている方にとってLCCの選択も考えておられます。では韓国に就航しているLCCは何があるのかと言うと日本LCCと韓国LCCがございます。日本LCCであれば、バニラエア、ピーチがあります。韓国LCCはジンエアーなどがあります。

主要空港からの旅券料金について

LCCにおいてどこの空港からいくらぐらいかかるか知りたいところです。日本の主な空港でしたら、成田空港からですとバニラエア、イースター航空、チェジュ航空が就航しており、往復14400円からあります。関西空港ではピーチ、チェジュ航空、イースター航空が就航しており、往復で約16000円からあります。新千歳空港からはティーウェイ航空、ジンエアーが就航しており、往復で22660円からあります。中部空港からはチェジュ航空が就航しており、往復18010円からとなっています。

地方空港からの旅券料金について

韓国においては日本の主要空港からでなく地方の空港からも就航しています。福岡空港からはティーウェイ航空、チェジュ航空、イースター航空が就航しており、往復15020円からあります。那覇空港からはジンエアー、チェジュ航空、ティーウェイ航空が就航しており、往復18660円からあります。佐賀空港、大分空港からはティーウェイ航空が就航しており、往復13050円からあります。長崎空港からは、ジンエアーが就航しており、往復11660円からあります。

LCCによる観光活性化

LCCは国同士の交流に役立っています。LCCはお手頃な価格で、行きたいとしてもなかなか行くのに拒んでいたのを後押しさせてくださいます。日本から韓国に行く観光客は観光だけに限らず、免税店や美容関連で行く方もおられます。美容の目的で行かれる方は日本のエステサロンは高いのに韓国はお手頃な価格で受ける事もでき、そして場所的にもとても近いために近所に行かれる感覚で行かれます。反対に韓国の旅行客は日本にクオリティの高さで日本製品を購入するだけでなく、日本文化を味わいたい目的で来られる方もおられます。

韓国LCC、イースター航空について

韓国LCCで有名な航空会社としてイースター航空があります。このイースター航空はどのような特徴を持っているかと言うと、大抵、韓国LCCは機内サービスが充実している会社が多いのですが、イースター航空はドリンクのみとなっています。では他はどうかと言うと、座席はゆったりとして余裕がある状況です。LCCだと座席が狭いと言うのが印象的ですが、イースター航空はゆったりとしています。安く韓国に行きたいと検討している方にとってはお勧めの韓国LCCとも言えます。