韓国行きLCC最新情報

韓国LCCの航空券を予約する

韓国LCCの予約は、会社の公式サイトから可能です。一般的な航空券の予約と同様に往復か片道を選択、出発地、到着地、出発日、到着日、大人と子どもの人数などを入力し空席を検索できます。日本を出発地とする場合、成田空港か、関西国際空港、沖縄空港、福岡空港のいずれかになります。到着地は、ほとんどの場合、仁川国際空港になります。関西国際空港から出発する場合のみ、到着地を釜山にすることもできます。このように出発地や到着地が限られてきますが、この条件をクリアできればLCCは便利な交通手段となります。

割引運賃、通常運賃を賢く使い分ける

出張など仕事ではっきりと旅程が決まっていて、ほぼ変更はなく、かつ早めに予約できる場合は、割引運賃がかなりお得です。通常運賃の半額以下で利用できます。ただ、割引運賃には条件があります。重複割引や搭乗者の変更はできないことになっています。ただ、手数料はかかるものの、払い戻しは可能です。さらに時間に余裕がある場合は、同日に出発する便でも時間帯によって金額が異なりますので、よく調べてから予約するとよりリーズナブルに利用できます。

最低価格で予約ができる

韓国LCCの航空料金を底値で利用したい場合は、その中でも、最低価格での予約と購入を案内していることがありますので、公式サイトをよく調べることです。利用したい日程が底値の日程であれば、本当に賢く利用できることになります。また、時々各社キャンペーンでも割り引きよりお得に利用できる価格設定になっていることがあるため、出張や旅行の予定がある人は公式サイトのチェックを頻繁にやっておくことをおすすめします。

コードシェアに注意する

韓国LCCに限らず、LCCではよく他の航空会社との共同運航、つまりコードシェアが行われます。これは、定期航空便を複数の航空会社で利用することです。定期便で空席が多いと見込まれる場合は、空席を他の航空会社に販売し、運航する航空会社はコストが回収でき、購入した航空会社は航空機や乗員の都合をつけることなくユーザーに交通サービスを提供できるという航空会社同士にメリットのある運航方法です。このコードシェアの注意点は、チェックインなどの手続きは運航する会社が行うため、購入した航空会社とは異なるという点です。

リスクを十分に理解してメリットを享受する

LCCを利用するポイントは、コードシェアをはじめ、航空券の購入から航空機の利用に際しての大手航空会社とは異なるLCC独自の方法をしっかり理解し、リスクを承知した上で、リーズナブルな価格としてメリットを享受することです。機内食などのサービスもない点は価格に反映されています。そのポイントさえ押さえておけば、格安な海外LCC航空券ほど便利で安い交通手段はない、ということです。

ぜひ利用してみたい韓国LCCについて

格安で空の旅が楽しめるLCCは、日本だけではなく多くの国々で人気を集めています。お隣の国韓国では、日本よりも小さな国でありながら多くのLCCがあることでもよく知られています。韓国LCCの中には、日本の主要都市である東京や大阪とソウルをつないでいるのと地方都市の便も運航されることもあります。金額なども異なるので、これらの韓国LCCを上手に利用して、ぜひ韓国へ旅行してみることをおすすめします。

韓国LCCのイースター航空

格安航空会社でありながら、安全にも十分な配慮がされているため安心して利用することができます。イースター航空で採用されているパイロットたちの平均年齢は約40代で、平均飛行時間は6、000時間にも上ります。成田や関西とインチョンをつないでいる定期便があるため、ぜひ利用してみてください。オフィシャルウェブサイトから、チケットを気軽に購入することができます。福岡路線も運行が予定されています。

ティーウェイ航空について

ティーウェイ航空は韓国で誕生しました。名前に付いているティーは、tomorrowやtogetherに由来しています。高い顧客満足度を獲得している格安航空会社で、一度利用すればまた次回も利用したくなるに違いありません。機内食は無料で提供されているという点もお得感があり、魅力的です。日本と韓国をつないでいるだけではなく、関西とグアムの定期便もあるため、ぜひ利用してみることをおすすめします。

チェジュ航空について

韓国で最初に誕生した格安航空会社です。白とオレンジのコントラストカラーが印象的な機体で、様々なイベントフライトが取り入れられています。空の旅が楽しくなるだけではなく、ミネラルウォーターの無料サービスも実施されています。格安航空会社によっては、預ける荷物は有料になるところもあります。しかしチェジュ航空なら15キログラムまで無料で預けられるため、お得感があります。機内へも10キログラムまで無料で持ち込めます。

LCCのジンエアーについて

ジンエアーは2008年に誕生した、大韓航空系列の格安航空会社です。白とライムカラーのコントラストが美しい機体で、スタッフのユニフォームにも同じライムカラーが採用されています。軽食やドリンク類が無料で提供されており、LCC他社よりもお得感があります。札幌や福岡、長崎や沖縄といった日本の地方都市とソウルを結ぶ定期便が運航されています。また手荷物は15キログラムまで無料で預けることができて、さらにお得です。

韓国旅行に行く際にまず就航しているLCC情報

韓国に旅行に行く際にどの航空会社を選択するか迷うところです。ましてや航空会社のチケットを安く抑えて、韓国観光にお金を費やしたいと計画をしている方にとってLCCの選択も考えておられます。では韓国に就航しているLCCは何があるのかと言うと日本LCCと韓国LCCがございます。日本LCCであれば、バニラエア、ピーチがあります。韓国LCCはジンエアーなどがあります。

主要空港からの旅券料金について

LCCにおいてどこの空港からいくらぐらいかかるか知りたいところです。日本の主な空港でしたら、成田空港からですとバニラエア、イースター航空、チェジュ航空が就航しており、往復14400円からあります。関西空港ではピーチ、チェジュ航空、イースター航空が就航しており、往復で約16000円からあります。新千歳空港からはティーウェイ航空、ジンエアーが就航しており、往復で22660円からあります。中部空港からはチェジュ航空が就航しており、往復18010円からとなっています。

地方空港からの旅券料金について

韓国においては日本の主要空港からでなく地方の空港からも就航しています。福岡空港からはティーウェイ航空、チェジュ航空、イースター航空が就航しており、往復15020円からあります。那覇空港からはジンエアー、チェジュ航空、ティーウェイ航空が就航しており、往復18660円からあります。佐賀空港、大分空港からはティーウェイ航空が就航しており、往復13050円からあります。長崎空港からは、ジンエアーが就航しており、往復11660円からあります。

LCCによる観光活性化

LCCは国同士の交流に役立っています。LCCはお手頃な価格で、行きたいとしてもなかなか行くのに拒んでいたのを後押しさせてくださいます。日本から韓国に行く観光客は観光だけに限らず、免税店や美容関連で行く方もおられます。美容の目的で行かれる方は日本のエステサロンは高いのに韓国はお手頃な価格で受ける事もでき、そして場所的にもとても近いために近所に行かれる感覚で行かれます。反対に韓国の旅行客は日本にクオリティの高さで日本製品を購入するだけでなく、日本文化を味わいたい目的で来られる方もおられます。

韓国LCC、イースター航空について

韓国LCCで有名な航空会社としてイースター航空があります。このイースター航空はどのような特徴を持っているかと言うと、大抵、韓国LCCは機内サービスが充実している会社が多いのですが、イースター航空はドリンクのみとなっています。では他はどうかと言うと、座席はゆったりとして余裕がある状況です。LCCだと座席が狭いと言うのが印象的ですが、イースター航空はゆったりとしています。安く韓国に行きたいと検討している方にとってはお勧めの韓国LCCとも言えます。

チェジュ航空はおにぎりか小さめの菓子パン

厳密に定義されてはいませんが、格安航空会社を一般的にLCCと呼んでいます。ローコストキャリアの略です。韓国LCCは多数ありますが、チェジュ航空、エアプサン、イースター航空が有名です。その他、ジンエアーとティーウェイ航空があり、それぞれに機内食があります。チェジュ航空は、韓国のチェジュ島を拠点とし、日本に乗り入れの多いLCCです。日韓路線なら通常価格よりおよそ30%OFFで購入できます。機内食は、おにぎりか小さめの菓子パンとソフトドリンクが無料で提供されます。

エアプサンはホットミールとフルーツ

チェジュ航空ではフライトが短いため、食事というよりはおやつ程度の量となりますが、すべてのLCCがこのメニューではありません。次にAir BusanはAsiana航空系のLCCで、プサンにあります。運賃の片道での購入は、高くついてしまうので注意が必要です。機内食は、軽食とドリンクが無料です。軽食の内容は、紙のボックスに入ったホットミールとフルーツ、あるいはカレーライスなどです。以前はサンドイッチでしたが、変更されました。

イースター航空はオレンジジュースのみ

エアプサンのドリンクは紙パック入りのオレンジジュース、紙コップに入ったお湯と緑茶のティーパックなどが提供されます。ビールは有料です。次にイースター航空ですが、運賃はエアプサンと同様に往復で購入する方が安くなります。他社のような機内食はありません。紙パック入りのオレンジジュースか水のみ無料で提供されています。次にジンエアーは、大韓航空の子会社でLCCです。運賃は通常の約2割引です。

ティーウェイ航空はクロワッサンやおにぎり

ジンエアーが無料で提供する機内食は、おにぎりを中心にお菓子やパウンドケーキです。ジンエアーが提供するお菓子は、紙のボックスの中におしぼりと一緒に数種類入っています。ドリンクはオレンジジュースかお茶、または水です。有料ですが、ビールなどのアルコール類があります。次に2004年設立のティーウェイ航空は、機内は清潔で、サービス面では韓国LCCの中で上位になります。機内食はクロワッサンやおにぎりです。

事前に予約する有料の機内食は豪華

T’Way航空では、ドリンクは紙コップに入ったオレンジジュースが無料で出されます。他のLCCではオレンジジュースは紙パックタイプのことが多いので、この紙コップ式はティーウェイ航空の特徴です。水のおかわりは自由、有料ですがビールがあります。機内販売では、お湯を注いでできるタイプの激辛ラーメンやお菓子があります。事前に予約する有料の機内食もあり、こちらは巻きずしやサンドイッチ、フルーツなど豪華なものになっています。

韓国LCCの会社について

韓国LCCの会社についてです。韓国にも多くのLCCの会社があります。最近では多くの会社が日本に進出しています。どこも日本のLCCの会社と比べても遥かに安い価格で買う事が出来ます。ある会社の場合は免税店とコラボしたキャンペーンをやっています。免税店でお土産を多く買いたいという方にはぴったりのキャンペーンです。韓国に行くのに利用するのに便利なのが韓国LCCです。サービス面は省いている会社が多いです。中には1万円をきる会社もあります。

韓国LCCの安全面について

韓国LCCの安全面についてです。安全性は航空会社により異なります。しかし事故が結構多いのは確かです。安全性の各付けで最高ランクをもらった会社も多くあります。中にはデーターのない会社もあるので注意して航空会社を選んだ方が良さそうです。普通の航空機と変わらず利用できる会社も多く存在しています。中にはLCCと意識しないで利用できる快適な会社も多くあります。事前座席希望を聞いてもらう事が出来ない物もあります。

韓国LCCの価格について

中にはLCCなのにあまり価格を安く感じる事が出来なかったという会社も多く存在しています。価格を比較して購入した方が良いでしょう。サイトで予約する際に会員登録しないと購入する事が出来ない会社もあるとの事です。面倒な人にはあまり向いていないかもしれません。中には良い会社も多くあります。旅行シーズンの時でも価格変動がなく安く旅行を楽しめるというLCCの会社もあります。機内サービスが良い会社も少しですがあります。

ビールを無料提供してくれる会社

ビールを無料で飲む事が出来るLCCの会社もあります。機内サービスにビールがあり成田線ではビールを無料で飲む事も可能です。もちろん無料で機内食もあります。その代わり驚くほど安い価格で航空券を買える会社ではありません。他にも新聞サービスを受けられます。新聞サービスは他のLCCの会社は行っていない所が多いです。機内アナウンスが韓国語,日本語、英語で受けられる会社もありもしもの時に便利というLCCの会社もあります。

より安くなるかも韓国のLCC事情

これからますます安くなるかもと言われている韓国LCC。これから韓国のLCCの会社の多くは新しい機体を導入する予定です。新規の路線を増やす会社も今後増えていく模様です。利用する際に注意が必要なのが予約サイトです。分かりにくい会社も多いです。韓国のLCCだけを比較できるサイトもあります。最初から韓国LCCを利用する目的の場合に利用するにはかなり便利なサイトです。往復で購入した方がどこの航空会社でも安く利用する事が出来ます。